FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

也無風雨也無晴


這是一則彆扭的手記,
在不想醒起地悶頭狂睡15個小時後。





曾經有種錯覺以為自己多多少少逐漸有所成長,
後來發現人生不過是無限迴圈的歷程,
從今回首顧十年,甚或二十年,落到最初,
從今眺遠望十年,甚或二十年,直至最終,
也許都會是一個模樣,不曾改變。


對自己的輕易動搖感到煩悶,
對自己的看輕自己感到煩悶,
然後重現以為不會再有〈或者該說不會這麼容易又有〉的自我厭惡,
然後繼續憎厭自己為何要自我厭惡。


一整個就是無限迴圈。





於是讀東坡,
當老男人們小男人們已經不能夠排解的此時此刻,
強迫躁動的自己開始讀東坡,一字一句看,一筆一劃看,
讀他瞇起皺紋的臉的眼,微笑著任風起,吹動飄飄地衣角,
讀他讀到能夠平靜下來為止。

得到安慰。



蘇軾

《定風波》

莫聽穿林打葉聲,何妨吟嘯且徐行。
竹杖芒鞋輕勝馬,誰怕。一蓑煙雨任平生。
料峭春風吹酒醒,微冷。山頭斜照卻相迎。
回首來向蕭瑟處,歸去。也無風雨也無晴。


也無風雨也無晴,
也無風雨也無晴,
也無風雨也無晴,
也無風雨,
也無晴。


コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

ウェブサイトURL

パスワード:

非公開コメント

管理人にのみ表示

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。